CARL SUCHY & SÖHNE - そのルーツを探して

今月より、当店にて取り扱いを開始した、オーストリア唯一のラグジュアリー・ウォッチ・ブランド、Carl Suchy & Söhne(カール・スッキー & ゾーネ)。今回はそのルーツを探るお話です。




そのルーツを探る旅とは、ドナウ君主制時代のオーストリア・ハンガリー帝国、ハプスブルク家を魅了し、そして、世紀末のウィーン知的階級の時計愛好家にとってもっとも重要であった伝説のブランドの物語であり、ファーストモデルWaltz No. 1(ワルツ No.1)のデザインの源泉となったユーゲントシュティルなど、当時の文化を紐解いていく物語でもあります。なお、このテキストはCarl Suchy & Söhneのページを日本語化したものです。



1796年 Carl Suchy(カール・スッキー)、プラハの歴史的中心地に生まれる 。

当時のプラハ中心地
1819年まで ドイツの有名なウォッチメーカー、Franz Lehner(フランツ・レーナー)のもとで、ウォッチメーカーの修行をする 。

1812 - 1819年 ドイツ、スイスでの修行 。

1821年 Carl Suchy、Josephine Kroupa(ジョセフィーヌ・クロウパ)とプラハで結婚する。

1822年 26歳になったSuchyは、プラハの中心地にショップをオープンする。 技術的に優れていた彼のペンデュラム・クロックとウォール・クロックは瞬く間に成功を収める。

プラハ中心地にオープンしたショップ
1827年 長男、Carl Suchy Junior(カール・スッキー ジュニア)が生まれる。

1830年 次男、Johann Anton(ヨハン・アントン - Hans)が生まれる 。同じ年、将来のオーストリア皇帝となるFranz Joseph I(フランツ・ ヨーゼフ1世)も誕生する。

1832年 毎年、定期的に出品していたライプツィヒのトレードフェアではしばしば賞を受賞した。三男Anton Gottfried(アントン・ゴットフリート)が生まれる 。

1835年 Ferdinand I(フェルディナント1世)の戴冠式にあたり、プラハのロイヤルコートにクロックを設置する 。

1838年 Suchyのビジネスは拡大し、従業員は35名にまで増えた。彼は、国際的な拡大を見せた最初のウォッチメーカーの一人である 。
1838年当時の工房

1841年 Suchyの末っ子、Emanuel Suchy(エマヌエル・スッキー)が生まれる。 同じ年、オーストリアの有名な建築家であり都市計画者のOtto Wagner(オットー・ワーグナー)も生まれている 。

1844年 Carl Suchy(カール・スッキー)は、「彼の作る時計の優雅さと技術的完璧性については、期待以上のものがある」として、初めての宮廷時計職人に任命され、長年にわたってその職を務めた 。

1845年 Suchyの2人の息子、CarlとHansは、有名なチェコのウォッチメーカー、 Josef Kosek(ヨゼフ・コセック)のもとでの修行を終える。修行中の数年は、スイスの最高のウォッチメーカーとともに勉強していた。 
1848年 オーストリア皇帝Franz Joseph I(フランツ・ヨーゼフ1世)戴冠式。

フランツ・ヨーゼフ1世 戴冠式

フランツ・ヨーゼフ 1世

1848年から1916年まで統治した皇帝であるフランツ・ヨーゼフ1世は、時間に正確な人物と言われていました。なぜなら、彼は、Carl Suchy & Söhneのポケットウォッチを携えていたからです。

1849年 Suchyの息子たちが親のビジネスに加わり、Carl Suchy & Söhne(カール・スッキー & ゾーネ)と改名され、オーストリアではもっとも有名なクロック・ファクトリーとなる 。

1853年 Carl Suchy Juniorが、Le Corbusier(ル・コルビジェ)の生誕地であるスイスのLa Chaux-de-Fonds(ラ・ショードフォン)にポケットウォッチ・ ファクトリーを設立する。ファクトリーでは、ファミリー・ビジネス用に供給するだけではなく、イギリスにも輸出されていた。 
Carl Suchy JuniorがLa Chaux-de-Fondsに設立したポケット・ウォッチ ファクトリー

当時のポケットウォッチ
1858年 オーストリアの高級紳士服ブランドKnize(クニーシェ)が設立される。

1862年 ウィーンのアート史に大きな影響を与えることになる、アーティスト Gustav Klimt(グスタフ・クリムト)、作家Arthur Schnitzler(アルトゥル・シュニッツラー)が生まれる。

Gustav Klimt作「接吻」
1863年 Suchyの次男Hansが、ウィーンの中心地Rothenturmstraße 6(ローテントゥルム通り6番地)にワークショップを開設する。Johann Antonは、プラハのショップを引き継ぐ。彼もまた宮廷時計職人に任命される。 

当時のウィーン中心地 Rothenturmstraße 6(ローテントゥルム通り6番地)
1865年 ウィーンのRingstraße(リング通り)が開通。オーストリア初の馬車鉄道 は、ウィーンのSchottentor(ショッテントール)と郊外のHernals(ヘルナルス)を結んだ。 

1866年 カーペットメーカーEduard Haas(エドゥアルド・ハース)が、Carl Suchy & Söhneのショップのすぐ隣にウィーン初の百貨店をオープンする。

1866年 創業者Carl Suchy亡くなる(享年70歳)。末っ子Emanuelがプラハのショップを引き継ぐ 。

1867年 Johann Strauß(ヨハン・シュトラウス)作、Blue Danube Waltz(美しく青きドナウ)がウィーンで初演 。

1870年 有名な建築家、デザイナーであるAdolf Loos(アドルフ・ロース)とJosef Hoffmann(ヨーゼフ・ホフマン)が生まれる。 

Adolf Loos(アドルフ・ロース)
 ブランド復活のイベントは、彼が設計したLooshaus(ロースハウス)で開催されました。
1872年 Emanuel Suchy、プラハ初のボランティア消防隊を設立。

1879年 Carl Suchy Juniorは、Franz Joseph I(フランツ・ヨーゼフ1世)とその妻、Elizabeth(エリザベート)の結婚20周年を祝って、リングで開催され た有名なマカルト行列に参加。Suchyは誇らしげに16世紀のウォッチメー カーを髣髴とさせる衣装を纏っていた 。

16世紀のウォッチメーカーの衣装を纏ったCarl Suchy Junior
1886年 Sigmund Freud(ジーグムント・フロイト)がウィーンに鍛錬所を開設し、 精神分析の方法を開発する。

1891年 ウィーンのカフェ文学として知られている「Young Vienna – Jung Wien」ムーブメントは、オーストリアとその周辺の文学運動を形作る、 ウィーンのカフェに集う芸術家、作家、知識人たちの集会や討論によって生まれた。Peter Altenberg(ペーター・アルテンベルク)、Arthur Schnitzler(アルトゥル・シュニッツラー)、Hugo von Hoffmansthal (ユーゴ・フォン・ホフマンスタール)、Stefan Zweig(シュテファン・ ツヴァイク)らが、もっとも有名なメンバーである。

1894年 Emanuel Suchyは、プラハ消防隊に対する偉大な支持により、Franz Joseph Iより権威ある帝国勲章Knight’s Crossを授与される。

1895年 当時もっとも影響力のある建築家の一人であったOtto Wagner(オットー・ヴァグナー)は、装飾的な歴史主義の終わりを宣言する。そしてモダ ニズム、哲学、文学、音楽、芸術、デザイン、建築における新しいムーブメント、 Jugendstil(ユーゲントシュティル)の時代が始まる。

1898年 Hans Suchy亡くなる。彼の未亡人Therese(テレーゼ)は、ウィーンの Rothenturmstraße(ローテントゥルム通り)のショップを引き継ぐ。彼女も宮廷時計職人の栄誉に浴した。

1907年 Adolph Cervinka(アドルフ・チェルヴィンカ)が、プラハのCarl Suchy & Söhneの新しいオーナーとなる。ショップは、市の中心地Na Příkopě (ナ・プシーコペ)という特別な場所に移転する。

1918年 オーストリア・ハンガリー二重帝国の終焉とともにCarl Suchy & Söhne も 休眠状態となる。

2016年 Carl Suchy & Söhne の復活。Looshausにて復活イベントを開催。これは、当時のイベントの模様です。





次回は、ファーストモデルWaltz No.1(ワルツ No.1)の詳細について、ご紹介いたします。



0 件のコメント