Armin Strom - Dual Time Resonance



Armin Strom(アーミン・シュトローム)のDual Time Resonance(デュアルタイム・レゾナンス)は、2つの完全に独立したデュアルタイム・インディケーションの実用性と、共振(レゾナンス)する2つの独立したムーブメントによる精度の向上ということを兼ね備えた傑作モデルです。


このモデルはArmin Stromの卓越した技術力と芸術性をハイライトした、ブランドのフラッグシップともいうべき新しいマスターピース・コレクションです。


まず、動画をご覧ください。

Dual Time Resonance(デュアルタイム・レゾナンス)は、レゾナンスということにスポットを当てています。特徴のある楕円形のケースに配列され、Armin Strom社のパテントである「レゾナンス・クラッチ・スプリング」により連結された2つの独立したムーブメントが2つのリズムを刻みます。

レゾナンス・クラッチ・スプリングは、Armin Stromが考える「レゾナンス」を語るためのキーであり、3年間の集中的な研究開発の末、誕生しました。


レゾナンスの考え方を分かりやすく解説した動画をご覧ください。
レゾナンス・クラッチ・スプリング

そして、ただ単にひとつのムーブメントではなく、2つの独立したムーブメントは、2つの異なるタイムゾーンを表示します。


Armin Strom社のテクニカル・ディレクターであるClaude Greisler(クロード・グライスラー)は、「レゾナンス・クラッチ・スプリングを開発するにあたっての計算、その検証に要した年数を考えると、永久カレンダーやトゥールビヨンを開発するほうがより簡単だったでしょう。なぜなら、それが未知の領域だったからです。」と説明しています。

ムーブメント : ダイアル側

Dual Time Resonanceの独立した2つのムーブメントは、GMTあるいはセカンドタイムゾーン、あるいはタイマーやカウントダウン機能の役割を果たします。ハンド・ギョーシェが施されたそれぞれのダイアルには、パワーリザーブ・インディケーター、6時位置には24時間表示が配置されています。

それぞれの時刻表示に対応した24時間表示


それぞれのムーブメントに対応したパワーリザーブ表示

シンクロする一対のオシレーターを持つウォッチやクロックのムーブメントによる共振は、それぞれのムーブメントの精度のわずかな差異を平均化することによって精度を改善し、腕時計では、ショックによる精度への悪影響を最小限に抑えることは、長い間知られていました。またあまり知られてはいないことですが、レゾナンスはエネルギーを節約することができます。通常、レギュレーターのサポートを介して失われるエネルギーは、このシステム内で保存されます。

Armin Stromのラボでの試験にて、共振状態にセットされたCOSCクロノメーター級に調整された2つのムーブメントについて15~20%の精度の向上が確認されました。

ムーブメント : 裏ブタ側

「フォルムは機能に従う」- これは、まさしくこのモデルのことを表しています。垂直ではなく並行にセットされた2つのムーブメントを収容するケースは、必然的に楕円形となります。一方この仕様により増加したスペースは、ふたつの香箱を備え、ロング・パワーリザーブを有する2つのムーブメントを配置することを可能としました。


ケースバックを通して、合計4つの香箱が同時に巻き上げられる様は、ダイアル側のデュアル・レギュレーターが醸し出すバレエのような動きと同様魅力的です。


Armin StormのDualtime Resonanceは、グレード5のチタニウム製で8本の限定生産です。


デュアルタイム・レゾナンス サファイア : 最高のウォッチメイキング、完璧な透明性


Armin Stromのデュアルタイム・レゾナンス サファイアは、時計製作におけるマスターピース。2つの独立した共振するムーブメントによる精度の向上と、完全に独立した2つの時刻表示を融合させた傑作です。そして、そのムーブメントを360度露わにする華やかな透明のサファイア・クリスタル製のケース。Armin Stromのタイムピースは、ムーブメントを強調するために、それをダイアルで隠さないことで知られていますが、このサファイア・クリスタル製のケースは、まったく新しい次元への透明性をもたらせます。


Armin Stromの細やかな手作業で作られる独創的なムーブメントが全方向に露出されたデュアルタイム・レゾナンスを身につけるということは、ムーブメントを手首に乗せているようなものです。

「この新しいサファイア・ケースは、デュアルタイム・レゾナンスに注ぎ込んだ細部にいたるまでの作業や、それにかける情熱を表現する完璧な舞台になります。完全な透明性では、いかなるミスも許されませんし、私たちのフィロソフィに沿った最高級のレベルでの仕上げが求められます。」と、共同創業者であるClaude Greisler(クロード・グライスラー)は語ります。

Armin Strom社は次の2つの主な目的で、共振という現象をリストウォッチに採り入れることに関する研究開発を始めました。まず、共振を採用したコンプリケーションは、計時精度を明らかに向上させるものであるということ。そしてもうひとつは、共振現象が起きているということを視覚的に理解できるということです。

デュアルタイム・レゾナンスは、2つの独立したムーブメントが並列にセットされているのが特徴であり、共振という現象により別々のムーブメントがシンクロしているという事実をさらに強調しています。デュアルタイム・レゾナンス サファイアは、共振現象を極限までわかりやすくハイライトし、クリアなサファイア・クリスタル製のケースは、あらゆるアングルからのムーブメントの姿を明らかにします。

3年間にわたる集中的な研究開発期間の成果である、特許取得済みのレゾナンス・クラッチ・スプリングが、並列にセットされた独立したムーブメントを接続し、2つのタイムゾーンを表示することはもちろん、共振により互いの計時精度を向上させます。

独立したムーブメントにより、デュアルタイム・レゾナンス サファイアはGMT、セカンドタイムゾーン、タイマーまたはカウントダウンとしての機能を有しています。それぞれのムーブメントのパワーリザーブ表示、24時間が備わっています。

スクラッチ防止がなされたArmin Stromのデュアルタイム・レゾナンス サファイアは、8本の限定生産です。

テクニカル・インフォメーション :

機構表示 
ムーブメント1 : 時・分表示 24時間表示 パワーリザーブ表示
ムーブメント 2 : 時・分表示 パワーリザーブ表示

ムーブメント : Armin Storm製キャリバー ARF17
手巻き 特許取得済みレゾナンス・クラッチ・スプリング デュアル・オフセンターの時刻表示 4つの香箱
レギュレーティング・システム : レゾナンス・クラッチ・スプリングで繋がれた2つの独立したシステム
パワーリザーブ : 各ダイアル上に表示 それぞれ約110時間
サイズ : 52.55 x 39.95 x 11.67 mm
振動数 : 3.5 Hz (25,200 vph)
仕上げ : 地板とブリッジは、ファイン・ウォッチメイキングに則った仕上げ
石数 : 70
コンポーネント総数 : 419

ケース : グレード5チタニウム、またはサファイア・クリスタル
トップ、ボトムとも無反射コーティングがなされたサファイア・クリスタル
サイズ : 59 x 43.4 mm(ラグを含む)
厚さ : 15.9 mm サファイア・ケースは13mm
防水性 : 5気圧防水

ダイアル : ハンド・ギョーシェ

0 件のコメント