2014-05-27

Valbray for LEICA


The ‘ 100 Years of Leica Photography ‘ edition  - Valbray and Leica present unique chronographs

 

Leica社設立100周年を記念して、Valbray社はリストウォッチ EL 1 Chronograph を発表しました。このスペシャル・モデルは100個の限定生産で、リューズにはLeicaのロゴ、裏ブタには、100 Years of Leica Photographyと刻印されています。

EL 1 Chronographは、Valbray社独自のユニークなオクルス・ダイアフラム(サーキュラー・シャッター)システムが搭載されており、ベゼルを回転させることにより、異なった2つのダイアルを表現します。このメカニズムは特許取得済みで46mmのベゼルと一体化する、手作業にて製作された16枚の極薄のブレードで構成されています。シャッターが完全に開くと、すべてのブレードは、ベゼル内に収容され、特別にデザインされたクロノグラフのフェイスが現れます。そして、ブレードが閉じた状態にすると、時分針とセンターのクロノグラフ針だけの視認性の良いシンプルな姿に形を変えます。
 
Leica社とValbray社のコラボレーションは、機能的な完璧性と、ハンドクラフトということに対しての情熱をシェアする、この2つのブランドを結びつけるものです。とLeica Camera AGのチェアマンであるAlfred Schopfは語ります。彼自身も機械式時計のコレクターということもあり、Valbrayブランドの創立者であるCôme de Valbrayとのつながりが生まれました。Côme de Valbrayも長年にわたりLeicaのカメラを愛用する熱狂的な写真家でもあるのです。
彼らはともに、Valbray EL1 Chronograph100周年の特別エディションとして製作する礎を築きました。
 
 
 
 
 
サンドブラスト仕上げのグレード5チタニウム製ウォッチには、ベゼルの4ヶ所に白い文字で、LEICA CAMERA, EL1 CHRONO, 100 YEARS, WETZLAR GERMANY と刻印されています。
ダイアルのデザインは、Leicaカメラのスタイリッシュさを思い起こさせてくれます。日付表示は3時位置、クロノグラフの30分積算カウンターが12時位置、6時位置には12時間積算カウンターが配置されています。9時位置のスモールセコンドは、ISOボタンを複製したようなイメージ。最後に、430分の位置にセットされたメタル製の4.5という数字は、Leica社初のカメラUr-Leica(ウル・ライカ)のF値(絞り値)を惹起させます。
ケースバックに目を移すと、サファイアガラスを通して、オープンワークによるローターがセットされ、暗室をイメージさせるダークに仕上げられたスイス製自動巻きムーブメントを見ることができます。
このスペシャル・モデルには2つのバージョンがあります。サンドブラスト仕上げのチタニウム製が50個、それDLC仕上げを施したものが50個です。それぞれのクロノグラフには専用のボックスとともに、付属する特別な工具により、交換可能な2つのブレスレットがついてきます。
 
 
Technical Information
商品名 : Valbray EL1-Chrono
商品名のELは、Leicaブランドの創業者の一人であるErnst Leitzへのトリビュート。Leicaとは、Leitz  cameraを組み合わせて命名されたものです。
ケース : グレード5チタニウム
ケース径 : 46mm
パテント : 回転ベゼルにセットされた16枚のブレードによるダイアフラム(サーキュラー・シャッター)システム
ムーブメント : スイス製自動巻きクロノグラフ・ムーブメント
振動数 : 28,800 A/h (4Hz)
石数 : 25
パワーリザーブ : 44時間
防水性 : 5気圧防水
ダイアル : マルチレイヤー仕上げ、ハニカム・グリッド
サファイアガラス製のアッパーガラスと、ボトムガラス
100個の限定生産(チタニウム製50個、ブラックDLC50個)
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿