2011-08-10

Christophe Claretについて

リヨン地方出身のクリストフ・クラレは、ジュネーブで時計製造を学んだ後、アンティークウォッチの修復師としてのキャリアをスタートさせました。1987年、見本市「バーゼルワールド」において、スイスのある有名時計製造企業のオーナーが、ミニッツリピーター ムーブメントを自社のためだけに開発するよう、彼に依頼しました。この注文に応えるため、クリストフ・クラレは、2人の才能豊かな時計職人ジュリオ・パピ、ドミニク・ルノーと共に、1989年に会社を設立しました。しかし1991年、独立の必要性を感じた彼は、共同経営者の持分を買い取り、スイスのラ・ショー・ド・フォンに自らの名前を冠した会社を創業しました。次の10年間で、彼は知名度と上流顧客層を獲得しました。

Christophe Claret

そして1999年には、名声に支えられ、スイスのル・ロックルの高台にある古い屋敷を買い取りました。こうして新たな時代が幕を開けました。2年間で顧客数は大幅に増え、従業員数も17人から62人に増えました。社屋が手狭になったため、マニュファクチュールは、2002年、500㎡の最初の別館を建築、2008年には面積が2倍になりました。最新世代の数々の機械を設備したマニュファクチュールは、現在ムーブメントと外装のほぼすべての部品を自社内で製造しています。2009年、創業20周年を記念して、クリストフ・クラレは自社のノウハウを凝縮した腕時計「デュアル・トウ」を発売しました。この最初の自社ブランドウォッチは、2作目の「アダージョ」、3作目の「21ブラックジャック」の誕生へとつながりました。

スイス、ル・ロックルのアトリエ


0 件のコメント:

コメントを投稿